カトウ・綜建株式会社|建築業|木造住宅の新築|増改築|ウッドデッキ|ミニハウス|一級建築士|岐阜県|各務原市

カトウ・綜建株式会社
〒504-0014
岐阜県各務原市那加山崎町67
TEL.058-382-5265
FAX.058-382-3068
------------------------------
建築業(木造住宅の新築、増改築)
ウッドデッキ・ミニハウス

総合建設業 般-24第9150号

一級建築士
一級建築施工管理技士
岐阜県木造住宅耐震相談士
監理技術者
建築士会インスペクター登録者

住宅エネルギー技術者講習修了者


------------------------------

 

Wさんの新築ダイアリー

 

Wさんの新築ダイアリー

Wさんの新築ダイアリー
フォーム
 
構造見学会
2015-08-26
さる6月、Wさんちで構造見学会を開催させていただきました。
これはその様子です。
 
 完成すれば見えなくなる木組みや下地の部分。ここは隠そうとすれば隠すことができる部分ですが、この部分にも無垢の木を使い、丁寧に施工していることをお見せしたくて、よく構造見学会を開催させていただきます。
 
 これに合わせ、今回も「健康塗り壁 ダイアトーマス」を施工体験していただく「塗り壁教室」を開催しました。
 2日間で20組を超える皆さんにご来場いただきました。
ありがとうございました!
 
玄関の「式台」
2015-08-21
玄関の「式台」です。
玄関は最近、土間と床の高さの調整を外部の階段で行い、家の中では段差が少ないように作ることが多いのですが、Wさん邸は昔の家のように、内部に「式台」と言われるステップを作り、玄関土間と1階の床の段差を解消しています。
 式台はけやきの一枚板で作りました。頑丈で、水にも強く曲がりにくいケヤキは見た目にも美しいアクセントになります。
 
ヒノキ1枚板で作られた階段
2015-08-19
左官さんが壁を塗っている間も、大工さんはちゃくちゃくと造作工事をしています。
 写真は階段。Fさんちと同じように、ヒノキのむく板(厚み3cm)でささらといわれる側の板(階段のフレーム材です)と、踏み板を組んでいます。
 踊り場も無垢の板を組み合わせて取り付けています。
無垢材で作りました!という宣伝文句は多いですが、多くは合板を下地に、貼っているものが多いですが、この階段はすべて本当に無垢板のみでつくっています。
 
土壁
2015-08-18
土壁を塗った写真です。
きちんと隅々まで土が塗りこんであります。
 
土壁塗り
2015-08-11
竹木舞が編み終わったら、いよいよ土壁塗りです。
土を左官さんが竹木舞に押し付けるように塗り込んでいきます。
簡単そうに見えますが、熟練の技が必要です。
<<カトウ・綜建株式会社>> 〒504-0014 岐阜県各務原市那加山崎町67 TEL:058-382-5265 FAX:058-382-3068