本文へ移動

社長の現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

健康塗り壁材の講習

2014-11-26
施工講習
暖かい社風が感じられるウェルカムボード
 
先週金曜日、静岡市に行ってきました。
目的は日本夢ファクトリーさんの講習を受けること。
この会社、「ダイアトーマス」という健康塗り壁材を扱っている会社さんです。
自分たちの作ったものを正しく使用していただくため、この講習を受けないとこの材料は手に入れることができません。
 6月に最初に個人で伺った時にいろんな話を柴田社長からしていただき、その画期的な使用方法に目からうろこが落ちました。
 また、DIYも容易にできることを目的にしているということもあり、一般家庭の主婦の方で、自分の家の壁を塗りきった人も少なからずおみえになるそうです。
 実際自分で試験施工してみると・・・上手・下手は関係なく、とにかく面白い!
 面白いということは、持続できるということです。
今回の見学会ではこの材料の施工体験もしていただきます。
お近くの方、ぜひ遊びにきてください。

健康にはご注意ください

2014-11-15
先週の建て方が大体終わったころ・・・風邪を引きました。
 つらいのは、いろんな仕事がやまほどあり休めないこと。お医者さんに行ける時間も取れず、ぜいぜい言いながら業務をこなしてきました。
 
 ただ、「健康」であることは基本です。それを守れなかったのは自分の責任でもあります。
 反省して、日常生活をメリハリあるものにしなければ!と思っています。
もう元気です!!

明日から建て方

2014-11-06
 明日いよいよ、「薬剤も合板も使わない家」の建て方です。
 
「建て方」とは、基礎の上に家の木組みを構築していく作業で、このあたりだと「建前(たてまえ)」と言われる方が多いですね。
 
 ただ、「自分の家を立ち上げる様子をこの目で見たい!」との施主さんのご希望により、作業自体は土日月で行います。
 
 明日は大安吉日、土曜日が赤口、日曜日が先勝ということで、明日1本だけ朝旦那さんの立会いの下建てます。それで「建前」が始まったことになります。
 
 変則的な日程ですが、私たち建築業界はより縁起をかつぎます。そのため施主さんにご無理をお願いしましたが、快く了承していただきました。
 
 天気も良さそうで、いい建て方になるといいですね。

消防団車庫の建設

2014-11-01
岩地班予定地の地鎮祭
大佐野班予定地の地鎮祭
木造耐震工事の話題を抜けて、最近の話題に行きましょう。
今年も消防団車庫の建設工事を請け負うことができました。
しかも二棟!
契約は1つなのですが、「岩地班」と「大佐野班」という二つの班の車庫です。
 
地域の防災拠点として、公民館、消防団・河川や海の近くだと水防団車庫が挙げられます。そのため、地域自治会の関心は深く、今回も工事施工にあたり全面的にバックアップしていただいてます。
 
 昨年の「大島宮代班」につづき、「地図に残る仕事」、始まります!
 

作り浴室の腐朽部の取り換え・補強

2014-10-26
まず、腐朽した土台・柱を撤去します。
 
今回は管柱(くだばしら)といわれる、比較的荷重負担の少ない柱でしたが、近くの基礎と梁を油圧ジャッキで支え、健全な柱(ヒノキ)に交換しました。(1枚目写真右の柱)
 
そののち左の間柱も撤去、壁を新規に起こしました。
 
また、もともと変形な形状をしていたコンクリートブロック基礎を撤去し、ユニットバス用に1間(1けん、1820mm)4方になるように鉄筋コンクリート基礎をつくり、そこに土台・柱・筋違をいれて耐震壁としました。(写真2枚目)
 
 いままで私が施工した昔の作り浴室の木部分はほとんどが腐朽していました。
 浴室のリフォームを行う際は必ず解体時に木の様子を確認することをお勧めします。
 
 浴室は家屋の隅にあることが多く、ねじれた時の変位(移動)が大きいため、耐え切れなくなる恐れがあるため、単にユニットバスにした!というのではなく、その際に必ず手を入れてください。
 

カトウ・綜建株式会社
〒504-0015
岐阜県各務原市那加東野町2-10
TEL.058-382-5265
FAX.058-382-3068


建築業(木造住宅の新築、増改築)
ウッドデッキ・ミニハウス

総合建設業 般-29第9150号
一級建築士
一級建築施工管理技士
岐阜県木造住宅耐震相談士
監理技術者

建築士会インスペクター登録者
住宅エネルギー技術者講習修了者

TOPへ戻る