本文へ移動

社長の現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

杉のフローリング

2016-09-06
古民家改造の現場
床はいつも使うひのきのフローリングではなくて、今回は杉のフローリングを使用しました。
俗に「源平」と呼ばれる、赤身と白身が混在する模様は暖かみがあります。

地鎮祭を行いました

2016-09-05
この記事もリアルタイムです。
先月下旬、増築工事の地鎮祭を行いました。
親さんの家の土地内に、息子さん家族が増築して入居されます。
その建築条件の難易さから、いろんな工務店に断れつづけたTKさん。
念願の夢が実現にむけて動き出しました。
TKさん、これからよろしくお願いいたします!

地鎮祭を行いました

2016-09-05
 
ここはリアルタイムの記事です。
先月、各務原市鵜沼地内で地鎮祭を行いました。
着工は9月末の予定です。
Fさん邸と同じく、外壁にセルロースファイバー、サッシもLow-Eタイプのペアガラスを使用する断熱等級4の建物です。
FKさん、よろしくお願いいたします!

断熱をします

2016-09-05
上の方に見える円形の金属物が防雨タイプの換気口です。
断熱に関しては、古民家は大抵しておりません。
日本の家は古来、風通しを優先してきましたので、あっても土壁ぐらいで、床下・天井はそのままです。
瓦も昔はほとんど土を置いてから敷いていたので、間接的には日射の断熱には多少なっていたかもしれませんが。
 今回は天井裏・壁にはグラスウール厚み10cm、床には硬質スタイロフォーム厚み3cmを敷きつめました。
 屋根裏には屋根を通して入る熱を放散するため、換気口を設けました。
これからは居住空間になりますので、断熱は欠かせません。

木材の再生・・・思い出の品を新居にも!

2016-09-03
元の家の床の間。この床板を再生します。
再加工・仕上げをした床板
このように納まりました!
 
写真は式台(しきだい)。
玄関の床から1階の床に上がる際に、段差が大きい場合に設けるステップです。
この式台の板を、解体した思い出深い家からの解体材を再加工して使用することにしました。
 旧座敷の床板を丁寧に解体し取り出します。
 材料は松。建築年代から想像するにおそらく地松(国産材)です。
材の目もいい!
 適度の大きさに加工し、表面を木材用サンダーで仕上げました。
 
 色も良く、思い出の品が新しい空間で再登板です。

カトウ・綜建株式会社
〒504-0015
岐阜県各務原市那加東野町2-10
TEL.058-382-5265
FAX.058-382-3068


建築業(木造住宅の新築、増改築)
ウッドデッキ・ミニハウス

総合建設業 般-29第9150号
一級建築士
一級建築施工管理技士
岐阜県木造住宅耐震相談士
監理技術者

建築士会インスペクター登録者
住宅エネルギー技術者講習修了者

TOPへ戻る