本文へ移動

社長の現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

水回り改修③トイレ

2016-09-17
トイレも改修しました。
床も廊下に合わせてバリアフリーにとのご要望で、タイル張りの床を撤去して木組みにて床を張替え、便器も最新型に交換しました。
新規の床にはきちんと断熱材を入れています。
便器も最新型の使用により、以前のものと比べて節水効果があがります。
入口戸もつりさげの引戸とし、スムーズに出入りがしやすくしています。

水廻り改修②洗面脱衣室

2016-09-16
改修前
合板下貼り
仕上がり
ユニットバスの前の部屋、洗面脱衣室も床改修しました。
以前の床は廊下から段差3cmの敷居をまたいだ高さでした。
今回は入口の戸は代えないので、洗面脱衣室を敷居の高さ分、上げることにしました。
床に厚み1.2cmの構造用合板を2重張りして、クッションフロア(3mm)を貼りました。
1.2+1.2+0.3=2.7cmで、敷居との差が3mmとなり、クリアーです。
もちろん、ユニットバスもその高さであらかじめ設置してあります。

水廻り改修①浴室

2016-09-15
30年前に新築させていただきましたお客様の家の改修工事です。
まずは浴室。
当時は若かったお施主さんもやはり年を取られるともに浴室廻りの寒さが気になり、さらに別に住まわれている息子さんのご意見もあり、浴室とトイレの改修をご依頼されました。
まずは浴室。
タイル張りの浴室を撤去し、床に防湿コンクリートを打ちます。
養生期間(3日)を経たのちにユニットバス(今回はTOTOさんのサザナのTシリーズ、1坪タイプ)を設置しました。
お施主さんが自らショールームに出向かれ、決められたお気に入りの品です。
翌日に水接続を行い、クリーニングして使用されました。
工程は、
解体1日
設備先行配管1日
床転圧・コンクリート1日
養生3日
ユニットバス据え付け1日
設備接続・クリーニング1日
の8日間です。
夏場だと養生期間を1日短縮しても問題はありません。

古民家 減築と補強改造の完成!

2016-09-14
古民家の減築・補強改造完成しました(実は7月頭でしたが)
 
必要のないエリアを撤去し、一部残してそこを補強し、思い出の材料を使用する。
2人で暮らすのには広すぎて・・・とか、地震が怖いし・・・とかの悩みに対する一つの答えとなる現場でした。
この提案にご賛同していただいた施主さま、設計事務所さんに心からの感謝をいたします。
ありがとうございました!!

プレゼント

2016-09-13
 
北側の掃出し窓の外に、当社の製作した移動式の台をプレゼントさせていただきました。
総ひのきの台です。

カトウ・綜建株式会社
〒504-0015
岐阜県各務原市那加東野町2-10
TEL.058-382-5265
FAX.058-382-3068


建築業(木造住宅の新築、増改築)
ウッドデッキ・ミニハウス

総合建設業 般-29第9150号
一級建築士
一級建築施工管理技士
岐阜県木造住宅耐震相談士
監理技術者

建築士会インスペクター登録者
住宅エネルギー技術者講習修了者

TOPへ戻る