本文へ移動

社長の現場日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

景観に関して

2016-10-13
鵜匠さんのご自宅のリフォーム工事を開始しました。
鵜匠さんの家はほとんど長良川右岸の通称「鵜飼屋地区」にあります。
このような景観を重視する地区にはおうおうにして市町村の景観地区指定がされており、建物の仕様、特に色については事前相談が必要となる場合が多いので、このような地区に住まわれている方は、地元市町村に問い合わせてから計画を練ることをお勧めします。
写真は岐阜市の川原町地区。ウォーキングの途中に撮りました。
ほかにも金華地区など。また私たちの地元各務原でも鵜沼の木曽川地区や鵜沼宿地区、おがせ池周囲地区などがありますね。

僕の好きな絵

2016-10-10
土曜日に近郊の瑞穂市にサッシの直しに行ってきました。
建築年数が40年ほど経つ家ですが、長年のひずみが出ているせいか、サッシを補修するのにガラス戸が外れない、という状態でしたので、木と簡易ジャッキを持ってサッシ業者さんの相番に行きました。
結果的にサッシの一部を外すことでジャッキアップの必要はなくなり、無事作業が完了しました。
 
 とてもかわいがっていただいているそのお宅のご夫婦。
芸術の本もたくさん所蔵されていますが、壁にかかった絵に見とれてしまいました。
「切り絵」です。
小さいころ読んだ絵本に思いでがあり、僕は切り絵が大好きです。
一か月ごとに入れ替えるんだよ、とご主人がおっしゃってました。
来月もおじゃまして拝見したいな、と考えてます。
家のメンテを兼ねて・・・。

雨予想が外れた♬

2016-10-08
今日は昨日の予報では一日中雨の予想でしたが、朝のうちポツリポツリとしたものの、昼からは陽が差すほどの天気となり、FK様邸での基礎型枠工事も順調に行っています。
ちなみに今日・明日は地元の神社の例大祭。
神様のおかげでしょうか、ありがたいですね!

FK様邸基礎工事

2016-10-07
こちらも台風一過、作業を再開しました。
FKさま邸の基礎配筋です。
基礎周囲の掘り込み(根入れといいます)を深く取ったべた基礎です。
15cmの床コンクリートスラブと根入れが強固に地盤を捉え、上部に乗る木の家を支えます。

台風一過の晴天の下、防音工事開始

2016-10-06
 
猛烈な台風18号が接近していましたが、幸い東海地方には被害がほとんど無く通過していきました。
今日は吹き返しの風が強いですね。
9月の長雨で工程の遅れが出ていますが、今日から本格的にI様邸の防音工事を開始しました。
 土日はまた雨の予報がでていますが、なんとか軽微な雨であって欲しいですね・・。

カトウ・綜建株式会社
〒504-0015
岐阜県各務原市那加東野町2-10
TEL.058-382-5265
FAX.058-382-3068


建築業(木造住宅の新築、増改築)
ウッドデッキ・ミニハウス

総合建設業 般-29第9150号
一級建築士
一級建築施工管理技士
岐阜県木造住宅耐震相談士
監理技術者

建築士会インスペクター登録者
住宅エネルギー技術者講習修了者

TOPへ戻る